葬式にふさわしい身だしなみの礼儀作法

参列する場合に熟知しておくことが求められる服装、あるいは持ち物の礼儀作法を理解しておきましょう。
男性の方の場合、参列するケースではシングル或いはダブルのブラックスーツを着ることになります。
シャツにつきましては白を準備し、靴下やネクタイ・靴は黒にすることになります。
女性の方のケースでは、黒のワンピースそしてアンサンブルや、スーツを着ます。
靴及びストッキングは黒によって統一することになります。
それに加えて、素肌の露出は可能な限り控えざるをえないため、袖もしくはスカートは長めを選ぶと良いでしょう。
さらに、共通して光沢がある材料は回避するようにしましょう。
時計に関しては原則的には付けないほうがよいと言われています。
時間を認識する必要がある状況では、金色とか綺羅びやか装飾があるものは厳禁です。
落ち着きを持ったカラーのものを活用するようにしましょう。
アクセサリーに関しましては基本として厳禁です。