仏教と神道の葬式の主な相違点に関して

神道と仏教においては葬式の意味合いが相違して、様式や手順に関しても全くです。
仏教の葬式のケースでは、極楽浄土に送り届ける為に執り行われ、 仏のもとで穏やかに暮らすと言われています。
一方で神道式の葬式の神葬祭につきましては極楽浄土に送るというのではなく、 自宅にとどめ守護神とする為の儀式と定められています。
また、仏式は寺で実施されますが、神葬祭が神社で実施されることはありません。
神道においては死は穢れとされ、 神社に穢れを持っていくことはよくないというわけです。
仏教の葬式において標準アイテムとなっている数珠に関してですが、これに関して神葬祭では利用しません。
さらに、 不祝儀袋には広い範囲に亘るタイプがありますが、神道においては蓮の花の含まれていないものを使用します。
表書きに関しては御霊前、御神前、御玉串料などが使用されます。
加えて、仏教では戒名を付けますが、神道は戒名はなく、諡が付けられます。