法事が行われるタイミングと場所

葬式後の法事は故人を偲ぶキーポイントとなる行事でありまして、 正しく行いたいと考えるものといえます。
法事と言いますのは距離が近い人が寄り集まって故人の冥福を祈って、 慰める儀式になります。
四十九日に至るまで7日区切りによって敢行され、 その後も決められた年において年忌法要を行ないます。
こうした区切りにつきましては仏教の伝承が影響しているもので、 7日毎生前の功徳を対象にした裁判が施されるとされているためです。
法事を行う場所としましては、 家或いは寺かが考えられますが、 実際のところいずれで実施するのかはそれほど重要ではないといえます。
要するに、自分自身の心が大事ということです。
家で法事を行う或いは寺で行うかにつきましては、 家の広さそして法事のスケール、 セッティングする手間などによっても 決定づけられるものですが地方都市では家で敢行することが多いといえます。
かつては非常に広い家が多く、 法事をするために何ひとつ問題がない作りが多かったためです。